vintagewinesのブログ

歳を重ねたワインが大好きです(^^)

ロベルト・マッツィ・アマローネの古酒が10年ぶりに入荷!

イタリア最高峰の銘酒アマローネは
アルコール度数が高めで長期熟成に向いています。
今回は1971,1973,1974,1974,
1975,1976,1977,1979,1981年産が同時入荷しました(^^)

まとめてお目にかかるのは10年に1度もあるか。。。?
といえるほどレア!!

遅摘みの葡萄を風通しが良い日陰に翌年2月中旬頃まで干し、
葡萄の実を凝縮させ、凝縮度、糖度、風味成分を高めます。

マッツィでは自社畑の葡萄を使用し、土壌と栽培に細心の注意を払った
丁寧な造りは長期熟成を経ても輝きを失う事はありません。

詳細はこちら。各年代が揃ってます↓↓

www.yoshidawines.com

長期熟成ゴヌーの魅力

滅多にない偉大なゴヌーの希少なヴィンテージ・ムルソーが入荷!

ゴヌーは何度かいただきましたが、
村名でも上級の畑に匹敵する素晴らしい逸品です。

フランス ブルゴーニュ地方 
ムルソー・ジャン・ミシェル・ゴヌー1986年

ゴヌー家はムルソーの葡萄栽培家アンリ・ゴヌーの死後、
相続によりフランソワとミシェル・ゴヌーに分割されました。

ジャン・ミシェル・ゴヌーはフランソワ・ゴヌーの息子でアンリの孫ミシェル・ゴヌーの甥。
1978年から父フランソワと働いてましたが、1990年に父のフランソワ・ゴヌーから独立し、
母の家系が所有している6haに満たない畑で葡萄を栽培しています。
本拠地はドメーヌ・フランソワ・ゴヌーと同じムルソー村です。

1991年にセラーを新調し、熟成を行う為に深く涼しいセラーを造りました。
現在ではムルソー(ペリエールも所有)、ポマール、
ピュリニー・モンラッシェなどで造りを行います。

伯父のミシェル・ゴヌー同様、偉大なミレジムはセラー熟成後、
飲み頃になってから蔵出しされる優良生産者です。

続きは↓こちらから

www.yoshidawines.com

2009年のワイン

2009年の各ワインが飲み頃を迎えてきましたので

一気に紹介します!いずれも当社セラーの秘蔵品なので

巷には流通していないと思われます。

南ア
●シュヴァルドール2009年
2009年はパーカーさんのヴィンテージ・チャートにて93点を獲得した当たり年!
ボルドーの高級ワインを彷彿。

シャンパーニュ
●ダミアン ウーゴ エクストラ ブリュット VV ミレジメ 2009
やや樽感があるムルソー的なシャンパン!飲み頃。

オーストラリア
●トルブレック ディシェンダント2009年
パウエルさん在籍時の素晴らしい作品。初めて飲んだ時は衝撃でした。。。

ブルゴーニュ
●ロベール・シュヴィヨン・レ・ヴォークラン2009年
店長吉田も好きな生産者。 努力を怠らないシュヴィヨンの兄弟はプロフェッショナルと呼ぶに相応しい。
中でも長期熟成に向いた力強さの最高峰はヴォークラン! 生産量が限られています。

その他もブルゴーニュの希少品が少しずつございます。
●ダニエルリオン・ヴォーヌロマネ2009年
●ペロミノ・クロ・ラ・リオット2009年
●メオ・カミュゼ・NSGオー・ミュルジェ2009年(お1人様2本まで)
●クロ・ド・タール・モノポール2009年

詳細、価格は2009年のページから↓↓
https://www.yoshidawines.com/product-list/144

トスカーナ・キャンティ・リゼルヴァ2001

数量限定品のため期間限定特価です。
在庫が少なくなると予告なく通常価格に戻ります。

イタリアワイン トスカーナ州
●ポッジョ・ガルティエリ・リゼルヴァ・トスカーナ2001年

世界的に有名な観光都フィレンツェ東部に位置します。
アレッツォにある著名なファッションブランドで知られる
インギラミが広大なヴィッラを買い取り1972年に興しました。

ルフィナD.O.C.Gゾーンの総面積は約700haありますが
アペニン山脈の麓に近い為、冷涼で寒暖差のある気候。

熟成による柔らかさと良質な酸があります。メーカーはサンジョーゼ種を
主に生産していますが国際品種メルローにも取り組んでいます。

ラベルの肖像画はゴンディ家のヘンリー二世。フランスの司教で
ゴンディ家の枢機卿を務めた人物でもあり初代オーナーです。

時は遡り、12世紀のこと。このの土地に建っていた城は
グイディ家によって納められていました。当時グイディ家は皇帝を支持し、
メディチ家は法王を支持していたため両家は敵対。

13世紀には両家の争いが起こりました。その時にメディチ家が勝利したため
メディチ家の所有となり城は改装され別荘となりました。

地域は農業が栄え、15世紀にはカトリーヌ・ド・メディチが所有者になります。
後にカトリーヌはフランスへ嫁ぎますが数名の臣下(画家、歌手、銀行家など)が共に
フランスに渡り、その中にゴンディ家のヘンリー2世の祖父が
彼女の聴罪司祭、そして銀行家としてフランスへと渡ります。

その時にカトリーヌから感謝の証として農場がゴンディの所有となりました。
数年後ヘンリー二世が当主となり現在も残っています。

2001年産は当たり年。コルクは少し柔らかくなってますので抜栓は慎重に。
抜栓直後の風味は眠っていますが、少しずつ試飲しながら30分経過すると
可愛らしくチェリー、プルーンを想わせるチャーミングな果実味が現れてきます。

5年ぶりの紹介となりました。全国で当店だけの独占販売です!

再入荷はありませんのでお早めに。。

赤ワイン 品種サンジョベーゼ 750mL

定温輸入後、当社セラーにて定温保管しています。

オドゥールコカール1988、1989、1990、1992、1994年

アシェット誌でも毎年掲載され、フランスでの評価は極めて高く
メオ・カミュゼやクロード・デュガに卸す知られざる優良生産者
オドゥール・コカールがこの価格で!?」と驚きましたが、
生産者と懇意にしているワイン商から蔵出し品を買い付け、
控えめな価格で入手できました。
以前よりは上がりましたが転売されておらずリーズナブルで状態良好!

当店は品質重視のため、ワインを揺らさないよう輸入に一ヶ月かかる船便ではなく、
フランスからダイレクトに航空便で運びました。
(同じワインが安価に流通していても別物と申し上げたいです)

手頃で美味しい価格のワインが、なかなか見つからないため
期間限定特価にて紹介いたします。

※いずれも在庫が少なくなると予告なく元の価格に
戻りますのでご了承くださいませ。

今回は1988、1989、1990、1992、1994年が同時入荷!!
ジュヴレ・シャンベルタン・コンボット、クロ・ラ・リオットなど
フランス国外には滅多に出回らない稀少な銘醸畑が。。。

コカールのワインは熟成モノでも極めて保存状態がよく
生まれ年のプレゼントにも安心して使えますよ^^

1988年 http://www.yoshidawines.com/product-list/73
1989年 http://www.yoshidawines.com/product-list/75
1990年 http://www.yoshidawines.com/product-list/77
1992年 http://www.yoshidawines.com/product-list/79
1994年 http://www.yoshidawines.com/product-list/81

親戚筋と思われるコカール・ロワゾン・フルーロのグラン・クリュは
高級品ですがご予算に余裕があればオススメです。
1984年 http://www.yoshidawines.com/product-list/69
1985年 http://www.yoshidawines.com/product-list/70

※上記リンク先にコカールが見当たらない場合は在庫切れです。
在庫数が少ないのでご了承ください。

フランス ブルゴーニュ地方 
オドゥール=コカール(1990年途中まではコカール・ショーヴネ)は
モレサンドニを代表する特級畑「クロ・ド・ラ・ロッシュ」真向かいのドメーヌ。
現地にて高評価でありながら生産量が少ないため、フランス国内でさえ
見つける事は難しく、愛好家が探し求める優良生産者です。

「バーガンディ・レポート」運営者ビル・ナンソンが2014年に発表した
ブルゴーニュの隠れた10ドメーヌ」3位に選ばれました。

現在3代目のセバスチャン・オドゥールは畑仕事を重視し「良いワインは良い葡萄から」を実践し
栽培は自然農法のリュット・レゾネ。醸造も味わいをごまかす製法は使いません。

代表銘柄「モレ=サン=ドニ 1erクリュ・クロ・ラ・リオット」は
ギド・アシェット星付きワインとして掲載されてます。
偉大なクロ・ド・ラ・ロシュを構成するリューディ、レ・シャビオの
直下にある素晴らしいロケーション。

一級の中でも評価の高い超一級畑ですが、クロ・ド・ラ・ロシュに
連なる斜面の上部、クロ(=石垣)に囲まれ、モレサンドニ村の土地を
メタヤージュで畑を管理しているため「ラ・リオット」は
複数の生産者からリリースされますが「クロ・ラ・リオット」が飲めるのは
現在オドゥール=コカールのみ。ギド・アシェットでもグランクリュに匹敵と掲載されました。
 
全てノンリコルクで本物の古酒。若いワインが足された偽物ではありません。
いずれもチェリー系だけでなく黒果実系やダージリン紅茶の香りも感じられ、
深いところでまとまっています。
果実味、ミネラル、タンニン、酸味など熟成により柔らかく溶け込んでいました。

コカールのヴィンテージワインは極めて少なく、もうフランス国内でも見かける事は稀。
貴重品ですから、コンディションを重視しコストの掛かる航空便にて輸入しています。

赤ワイン やや辛口 品種ピノ・ノワール 750mL ノンリコルク
航空便輸入、定温定湿保管

※ボトルの底にオリが見られますが天然の成分です。
抜栓時はコルクが崩れやすいため、その場で飲まれる場合は
パニエ(ワインバスケット)をご利用いただき、ボトルを斜めにして抜いて下さい。
コルク片を取り出すため、ピンセットや耳かき状のものをご用意なさると便利でしょう。

※その他、ヴィンテージワインのお愉しみ方、注意点などご理解くださいませ。
https://www.yoshidawines.com/page/10

f:id:vintagewines:20200206203433j:plain

f:id:vintagewines:20200206203513j:plain

 〜余談・古酒が偽造されている!?〜
欧州では若いワインを足した偽物の古酒が一部で「生産」されているようです。

具体的な名指しは控えますが(1)価格が相場に比べて安すぎる(2)液面が高すぎる
(3)コルクが新しい (4)オリが少なすぎる などチェックなさると良いでしょう。

もちろん当ページで紹介するワインは、コルクを打ち替えてないノンリコルクであり
本物のヴィンテージワインです。打ち替えたタイプも稀に仕入れますが
信用できる生産者のものしか買い付けません。(時には生産者もグルなので。。。)

若いワインを足す理由は、在庫不足ゆえ、古酒を増産しての利益増と
味の若返りでクレームを減らすこと。

1万円以下の古酒は蔵出しよりも、目利きのワイン商が保管していたノンリコルク品が
安心なことが多いです。無名でも転売されていない
もちろん遠い日本ですから輸送に航空便を使うことは大前提。

皆様も気を付けましょう。

2020年に還暦!1960年産ワイン(昭和35年) メッセージ刻印も好評!

1960年生まれのワインを紹介する前に芸能人の方を調べてみると
まだまだ若いと思っていた方が、還暦を迎えられるのですね!?

個人的に気になった人を抜粋して紹介(敬称略)すると。。。

ボノ(U2)、サラ・ブライトマンガゼボ
野宮真貴氷室京介サンプラザ中野くん、コロッケ 清水ミチコ松尾貴史
荒木飛呂彦高橋陽一石田衣良綾辻行人宮部みゆき真田広之生瀬勝久
ゲーリー・リネカーディエゴ・マラドーナ鈴木亜久里アイルトン・セナ
安藤勝己松永浩美トーマス・オマリー、わが富山県から西村雅彦、室井滋

まだまだ若い方が多いですよね!
あと100年経ったら日本人の平均年齢は100歳以上になってるかも?

還暦というと、一昔前はご年配のイメージでしたが
世界的に長寿化している事に加え、有名な方は意識が高く気持ちも若いのでしょう。
皆様、おめでとうございます! 

ワイン屋としては川島なおみさんがご存命だったら。。。と思わずにいられません。
還暦を祝いたかったですね(涙)

~今までの60年をワインでお祝いしましょう~

長期間を経過したワインは飲めないのでは?と思われがちですが、
当店では流通、管理がしっかり成されているものを厳選し、
四季を通してワインセラーにて定温定湿管理をしています。

~1960年のワイン一覧~
https://www.yoshidawines.com/product-list/120

~ボトルや木箱へメッセージも刻印できます~
普段は照れくさくて伝えられない想いを添えてみませんか?
https://www.yoshidawines.com/product/446

 

南仏でリヴザルトより格上扱いのバニュルス産!

https://www.yoshidawines.com/product/1434


日本を支えてきた皆様。。。
これからも、どうか元気で長生きしてください。

~その他の年も揃っています~

1933 1934 1935 1936年
 http://www.yoshidawines.com/product-list/125

1937 1938 1939年
http://www.yoshidawines.com/product-list/160

1940年 http://www.yoshidawines.com/product-list/137
1941年 http://www.yoshidawines.com/product-list/146
1942年 http://www.yoshidawines.com/product-list/147
1943年 http://www.yoshidawines.com/product-list/148
1944年 http://www.yoshidawines.com/product-list/149
1945年 http://www.yoshidawines.com/product-list/126
1946年 http://www.yoshidawines.com/product-list/127 
1947年 http://www.yoshidawines.com/product-list/152
1948年 http://www.yoshidawines.com/product-list/153
1949年 http://www.yoshidawines.com/product-list/112 70歳 従心/古希
1950年 http://www.yoshidawines.com/product-list/128
1951年 http://www.yoshidawines.com/product-list/140
1952年 http://www.yoshidawines.com/product-list/131
1953年 http://www.yoshidawines.com/product-list/135
1954年 http://www.yoshidawines.com/product-list/150
1955年 http://www.yoshidawines.com/product-list/133
1956年 http://www.yoshidawines.com/product-list/151
1957年 http://www.yoshidawines.com/product-list/136
1958年 http://www.yoshidawines.com/product-list/141
1959年 http://www.yoshidawines.com/product-list/96 
1960年 http://www.yoshidawines.com/product-list/120 60歳 耳順 2020年に還暦
1961年 http://www.yoshidawines.com/product-list/122
1962年 http://www.yoshidawines.com/product-list/97
1963年 http://www.yoshidawines.com/product-list/121
1964年 http://www.yoshidawines.com/product-list/98
1965年 http://www.yoshidawines.com/product-list/119
1966年 http://www.yoshidawines.com/product-list/99
1967年 http://www.yoshidawines.com/product-list/118
1968年 http://www.yoshidawines.com/product-list/115
1969年 http://www.yoshidawines.com/product-list/100
1970年 http://www.yoshidawines.com/product-list/53 50歳 知命
1971年 http://www.yoshidawines.com/product-list/52
1972年 http://www.yoshidawines.com/product-list/55
1973年 http://www.yoshidawines.com/product-list/56
1974年 http://www.yoshidawines.com/product-list/58
1975年 http://www.yoshidawines.com/product-list/59
1976年 http://www.yoshidawines.com/product-list/60
1977年 http://www.yoshidawines.com/product-list/62
1978年 http://www.yoshidawines.com/product-list/63
1979年 http://www.yoshidawines.com/product-list/45
1980年 http://www.yoshidawines.com/product-list/65 40歳 不惑
1981年 http://www.yoshidawines.com/product-list/66
1982年 http://www.yoshidawines.com/product-list/67
1983年 http://www.yoshidawines.com/product-list/68
1984年 http://www.yoshidawines.com/product-list/69 
1985年 http://www.yoshidawines.com/product-list/70
1986年 http://www.yoshidawines.com/product-list/71
1987年 http://www.yoshidawines.com/product-list/72
1988年 http://www.yoshidawines.com/product-list/73
1989年 http://www.yoshidawines.com/product-list/75
1990年 http://www.yoshidawines.com/product-list/77 30歳 而立
1991年 http://www.yoshidawines.com/product-list/78
1992年 http://www.yoshidawines.com/product-list/79 
1993年 http://www.yoshidawines.com/product-list/80 
1994年 http://www.yoshidawines.com/product-list/81 
1995年 http://www.yoshidawines.com/product-list/82
1996年 http://www.yoshidawines.com/product-list/83
1997年 http://www.yoshidawines.com/product-list/84
1998年 http://www.yoshidawines.com/product-list/85
1999年 http://www.yoshidawines.com/product-list/86
2000年 http://www.yoshidawines.com/product-list/47 20歳おめでとう(^^)

20歳より下は未成年なので結婚記念のアニヴァーサリーや
子供の生まれ年を保存しておくとか、ワインファンでなくとも楽しみですね。
 
2001年 http://www.yoshidawines.com/product-list/88 
2002年 http://www.yoshidawines.com/product-list/89
2003年 http://www.yoshidawines.com/product-list/90
2004年 http://www.yoshidawines.com/product-list/92
2005年 http://www.yoshidawines.com/product-list/94
2006年 http://www.yoshidawines.com/product-list/95
2007年 http://www.yoshidawines.com/product-list/130
2008年 http://www.yoshidawines.com/product-list/143
2009年 http://www.yoshidawines.com/product-list/144 
2010年 https://www.yoshidawines.com/product-list/145 10周年の記念日にいかが?

大手携帯3社 キャリアメールの受信設定は大問題ではないか!?

ネットショップを運営していると

お客様から受注の際に登録していただくメールアドレスが

携帯大手3社のメール(ezweb.ne.jp、docomo.ne.jpなど)だった場合、

メールが届かない事があります。

というのも受信設定が『迷惑メール対策』と称してキャリアメール以外のPCメール、Gmailなどをデフォルトで拒否するよう推奨しています。(ちなみにAUは送信側にリターンメールさえ返してくれないため運営側は届いてると思ってしまいます)

今時、キャリアメールでユーザーを囲い込む意図は無いと思いますが...

 

ネット通販事業者と購入者との間では、10年以上もトラブルになっており

●お客様からメールが届かないと怒りの電話があります。

なぜか怒りは携帯会社ではなく、全て店舗側に向けられます^^;


●お客様とのやり取りが無駄に増えてしまう結果、労働生産性が落ちます。
●販売機会の喪失(キャンセル)が発生します。


この問題は送信側では対応できず、キャリアメールを使っているお客様自身で
販売者側のアドレスを登録していただく必要があります。

ネット関係に疎い方ですと、設定してくださる方は殆どおりません。

(設定出来ないという方もいらしゃいます)

Gmailなどのウェブメールでは高い精度の迷惑メールフィルターを搭載しており

「キャリアメール、登録許可したメールアドレス以外は全拒否」などの

不毛なメール設定は全く必要ありません。

 

労働生産性を著しく阻害するため、総務省から携帯大手3社側に

高精度のメールフィルタリング技術を導入するよう要望を出せないでしょうか。


キャリアメールが無くなれば良いのに。。。という意見は事業者だけでなく個人の方も増えてるんのではないでしょうか。

理由は単純。。。不便を超越して、日本全国の生産性が落ちるからです。

 

国民の貴重な時間が奪われています。。。

携帯キャリアさんには御一考いただけますよう、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。